日本の自動車の価値と味

自動車選びのポイントは人それぞれです。


人により自動車に求めるものが違うからです。

アルファードのブレーキパッドの情報を多数ご用意したサイトです。

居住性や乗り心地、燃費、スタイル、走りなど、その人にとって何が重要かで、選ぶポイントの方向が変わります。

日本は自動車大国です。

バイク程、世界のトップメーカーが集中している訳ではありませんが、まず間違いなく日本の自動車は品質と耐久性ではトップクラスでしょう。


ブレーキパッドのエアトレック情報サイトです。

オーナーの扱いにもよりますが、10年落ちの中古車でもエアコンは効く、雨漏りしない、エンジンは元気。
当たり前かもしれませんが、それは日本に住んで、長らく日本車に触れているから、当たり前だと感じるのでしょう。これも当たり前の話ですが、外国に行けば、現地では日本車も外国車です。

横浜のバイク査定を是非ご利用ください。

しかも、多くの国において、日本車は高級車の部類に入ります。
関税もありますが、「壊れず燃費もよく壊れない」という、耐久消費財において十分高級に値する価値・性能を持っています。


上には上の、高級以上の「超高級」のメーカーもありますが、そこまで価格が高過ぎない範囲で、先の性能が手に入るのは貴重だと思います。

ただ残念な点が1つ。

日本車には、味のある車種が少ないです。

味とは曖昧な表現ですが、移動や輸送手段だけではない、経済性でも利便性でもない、感性での価値です。

何か1つ2つ、好みの分野で尖ったモノや際立ったもの、と考えて良いと思います。

ヴィッツのブレーキパッドの優良サイトならこちらで見つかります。

デザインは凄く良い、走りはとても熱い、エンジン音が痺れるなどです。


そして同時に何か欠点も備え持つことも意味します。

味という価値観に囚われてしまうと、日本車が急に寂しく思え、「無難」狙いの優等生ぶりが鼻につきます。

せっかくの自動車大国で世界に誇る品質なのに、曖昧な「味」という名の光と影を欲する心に火がついたら最後、「あばたもえくぼ」を常に探し求めてしまいます。


それを探し当てた人はとても幸せですが、まずはそんな病気にかからないことが一番幸せなことでしょう。

目的別の新潟の合宿免許を情報を幅広くご活用下さい。

https://www.youtube.com/watch?v=c7H_lsafZSE
http://www.mlit.go.jp/jidosha/jidoushaseibi.html
http://www.mlit.go.jp/jidosha/anzen/